サービス案内

サービス案内

simulation

ホーム > サービス案内

POWER LIBERALIZATION

電力自由化とは?

2016年4月1日から電力小売り全面自由化が始まりました。
自由化前の電気は、各地域の電力会社(九州電力等)だけが販売しており、どの会社から買うかを選ぶことはできませんでした。しかし2000年3月より段階的に自由化が始まり、2016年4月、一般家庭も含む全てのお客様が、電力会社や料金メニューを自由に選択できるようになり、九州電力以外からでも電力販売会社を選べるようになりました。

CHANGE

電力の自由化でどう変わる?

電力の小売全面自由化によって、たくさんの事業者が電気の小売市場に参入してくるため、電力会社が選べるようになります。
新規参入が増えると、各社の独自の料金メニューやサービスなどさまざまなプランを提供し、消費者は自分に合った電気料金プランを選ぶことができるようになります。地域の電気を活用した地産地消の電気や、再生可能エネルギーの割合が高い電気、ガス・携帯・インターネットなどをセットにしたセット割引電気など様々な料金プランが選べるようになります。
今まで地域の電力会社1社が担っていた小売り市場を自由化することによって、サービスの向上や電気代の最適化が行われ、消費者への恩恵もあります。また、電力市場の自由化によって関連ビジネスも活発になり、経済が活性化していくことが予想されています。

ホーム > サービス案内

アクセスマップ

access map

ご相談・ご質問等ございましたら、
お気軽にお問い合わせください。お問い合わせ